STEP3 経営計画塾優良企業平均を目指す中期計画を創る

「絵に描いた餅」にならない経営計画とは?

経営計画書を作ったが活用できずに終わってしまったことはございませんか?
その原因は「会計中心・数字中心」の経営計画書だったからかもしれません。

数値目標は必要ですが「数字の根拠・業績向上の根拠」が必要です。

業績向上の根拠

利益性の原則から、お客創りの直接的な対象となる
①商品・サービス(なにを)
②営業地域(どこの)
③業界・客層(だれに)
のどれかに「ライバルよりも強く、お客占有率1位」のものがあると

一人当たりの経常利益が 業界平均の2~4倍も多くなることが分かりました。

逆を言うと①~③がライバルと同質化している場合、
利益性を根本的に良くすることはできないということが言えます。

こうした事実から①~③のいずれかで強い1位を目指すことを焦点にした
経営計画を立てることが業績向上の根拠となるのです。

数字の根拠

①~③が決まると力を入れるべき市場がハッキリしますので、
④お客様を効果的に創って増やす「営業計画」
⑤創ったお客様を維持する「顧客維持計画」
を立てお客様を効果的に増やす仕組みを創ります。

そして①~⑤を実行するために必要な経営資源である
⑥組織計画(ひと)
⑦財務計画(モノ・金)
⑧時間計画(社長の時間)
効果的に活用する計画を立てます。

これら8つの要因を一つずつ形にしていくことで
数値目標の根拠が出来上がります。

セミナー内容(全4回)

第一回商品計画

①世の常識である「間違った」商品の決め方
②商品計画の真の目的
③強い競争力のある商品目標の決め方
④扱う商品の最大範囲
⑤人と資金の配分方法
⑥商品革新計画の立て方
⑦商品ライフサイクルを知る
⑧新事業を行うポイント

第二回地域計画・業界客層計画

①間違った地域の決め方
②地域計画の真の目的
③地域ナンバーワンの創り方
④営業の最大範囲
⑤地域の実態調査
⑥ローラー調査と必勝の人員投入
⑦顧客が会社の場合の計画
⑧顧客が個人の場合の計画

第三回営業計画

①自社を取り巻く流通段階から見極める
②スポット型営業の販売手順
③継続型営業の販売手順
④得意先ABC分析
⑤1位の得意先を創る

第四回営業計画続き・顧客維持計画

⑥社長がお客様を定期的に訪問
⑦販売力を高める
⑧DM・チラシ・ホームページ活用ポイント
⑨「顧客満足」の前にすべきこと
⑩顧客は「自社の存在を忘れる」もの

このセミナーでは、経営計画を立てる際のポイントを解説いたします。
実際に貴社の計画書を作成する場は別ではございませんので、何卒ご了承ください。

セミナー日程・申込

お申込フォーム
セミナー名 STEP3 経営計画塾 全4回(毎週土日18時~21時)
日時 5月11日(土)スタート
第一回 5月11日(土)
第二回 5月18日(土)
第三回 5月25日(土)
第四回 6月1日(土)
5月12日(日)スタート
第一回 5月12日(日)
第二回 5月19日(日)
第三回 5月26日(日)
第四回 6月2日(日)
場所 グリーンパレス春日井(落合公園内)または春日井市内の他施設
参加費 10,000円(税込)×4回分
テキスト代 2,600円(税込)
会社名
氏名
電話番号
メールアドレス

個人情報保護方針に同意の上、お申込ください。

トップページ
STEP1 財務分析塾 ライバル企業から自社の弱点を教えてもらう
STEP2 戦略社長塾 業界平均3倍の利益を創る経費・投資の使い方
STEP3 経営計画塾 優良企業平均を目指す中期計画を創る

まずはお気軽にご相談・
お問い合わせください。

メールアドレス info@lanchester-kasugai.jp

ページの先頭へ